フンセによる解決

財団法人交通事故紛争処理センターは通称「フンセ」と言われており、公正で中立な立場の法律の専門家によって、交通事故の相談、和解、審査が行われています。弁護士に依頼しない場合には、交通事故紛争処理センターに相談・和解の斡旋を申し込む方法が考えられます。

フンセによる解決のメリットは、弁護士を実費で依頼することなく誰でも自分で申請することができるところにあります。また、比較的に示談よりも高い金額で解決することができます。この場合、同センターに予約の電話をして、相談日時を設定してもらい、申込書・必要書類を提出します。申込みの費用もかかりません。

フンセによる解決のデメリットは、簡単な事案の場合でも、示談よりも時間がかかってしまうことがあります。また、難しい事案の場合、この方法は厳密な立証を必要としないので、比較的低い金額での解決になってしまうことが多いです。さらに、遅延損害金といって損害が発生した時から解決するまでの期間に対して、年5%の利息が加算される損害金も取ることができないため、解決まで長期化されることが想定されるような難しい事案にはあまり向いていない方法だと思います。フンセの本部が東京・大阪・名古屋・札幌・広島・高松・仙台・福岡にしかなく和解が成立するまで何度かここに行かなければならないので、地方に住んでいる場合は、地理的な面でも問題があります。

Pocket