Category Archives: 未分類

裁判による解決

裁判による解決を行う場合、弁護士を訴訟代理人として立てて、訴訟を起こし、民事裁判で争うのが一般的な方法です。この場合、十分な立証で必要十分な賠償額が得られ、弁護士費用、遅延損害金などが認められるというメリットがあります。裁判による解決では、解決までの期間が示談や財団法人交通事故紛争処理センターによる解決と比べ長くなるというデメリットがありますが、弁護士は無駄のない緻密な立証を行うので、このデメリットを最小限に抑えることができます。もちろん、公正で客観的な判断に基づく弁護士基準で金額が算定されるので、慰謝料などの損害賠償金が増額されます。

このほかにも一般民事調停や少額訴訟もあります。これらは弁護士などの法的専門知識を持った人を必要としなく、自分一人で行える方法です。簡易裁判所に調停を申し立てる場合、簡易裁判所に備えつけてある申立書に事情を記入して提出すれば専門家でなくても申し立てることができます。あとは、調停委員が話を進めてくれます。少額訴訟の場合も簡易裁判所に備え付けてある書式に事情を記入し提出すれば誰でも訴えることができます。しかし、請求できる金額が60万円までと上限があるのが難点です。

Pocket

フンセによる解決

財団法人交通事故紛争処理センターは通称「フンセ」と言われており、公正で中立な立場の法律の専門家によって、交通事故の相談、和解、審査が行われています。弁護士に依頼しない場合には、交通事故紛争処理センターに相談・和解の斡旋を申し込む方法が考えられます。

フンセによる解決のメリットは、弁護士を実費で依頼することなく誰でも自分で申請することができるところにあります。また、比較的に示談よりも高い金額で解決することができます。この場合、同センターに予約の電話をして、相談日時を設定してもらい、申込書・必要書類を提出します。申込みの費用もかかりません。

フンセによる解決のデメリットは、簡単な事案の場合でも、示談よりも時間がかかってしまうことがあります。また、難しい事案の場合、この方法は厳密な立証を必要としないので、比較的低い金額での解決になってしまうことが多いです。さらに、遅延損害金といって損害が発生した時から解決するまでの期間に対して、年5%の利息が加算される損害金も取ることができないため、解決まで長期化されることが想定されるような難しい事案にはあまり向いていない方法だと思います。フンセの本部が東京・大阪・名古屋・札幌・広島・高松・仙台・福岡にしかなく和解が成立するまで何度かここに行かなければならないので、地方に住んでいる場合は、地理的な面でも問題があります。

Pocket

示談による解決

交通事故の被害者になり、けがを負ってしまった場合、示談交渉をするにも一苦労になってしまうでしょう。自分一人で行う場合、通院や入院をしているなかで加害者と会わなければならなくて、非常に疲れてしまうものです。ましてや法律によってその責任の度合いなども変わってくるため、素人が一人でやるのはお勧めできません。

それというのも、示談には交渉の結果によってかなり受け取ることができる金額が変わってくるためです。法律の専門家である弁護士ならば、こういった場合の適正な金額を割り出して交渉してくれます。

また、弁護士に依頼することのメリットは、保険会社や加害者の方との間に立って交渉を行ってくれるところでもあります。先述の通り、自分一人だと精神的にも参ってしまう部分がありますが、弁護士ならば、そういったこともなく、適切なアドバイスもしてくれます。

もし相手側に弁護士のような法律に詳しい方がついているとすると、自分一人だと不利な交渉になります。本来はもらえる慰謝料も、よくわからないままにもらえなかったということすら考えられます。しっかりと適正な金額をもらうことができるための手段が、弁護士に依頼をすることなのです。

Pocket

交通事故の解決方法を弁護士に聞く

日本の都市部は世界的にも人口密度が大きく、それに伴い自動車の交通量の多いと言えます。また、日本は山が多いため必然的に運転しにくい道が多くあります。このため、日本では交通事故が非常に起きやすいです。あるデータでは、10人に1人以上が1年以内に交通事故にあったということがわかっています。1年以内にこれだけの人が交通事故に遭うということは、運転免許を持ったほとんどの人が生涯で1回以上事故を経験する可能性があります。最近では、少子高齢化により高齢者による事故も目立っており、未だ危険であるという状況は変わっていません。

こういった中で、もしあなたが交通事故にあってしまった場合、どうやって相手と解決すれば良いでしょうか?このサイトでは、以下に挙げる3つの解決方法について説明します。

交通事故の主な解決方法には、示談(話し合い)による解決、財団法人交通事故紛争処理センターによる解決、裁判による解決の3つがあります。また、裁判による解決は様々あり複雑です。さらに、これらの3つの解決方法には、それぞれにメリット、デメリットがあります。しかし、このメリット・デメリットの判断基準は、交通事故の様態や被害の内容によって大きく異なります。また、どの解決方法でも、弁護士に相談することが最善策であることに間違いがないです。弁護士が受ける相談内容の中で交通事故の案件は非常に定番だと言えます。したがって、プロである弁護士に任せることで、自分に有利に話を進められる可能性が大きくなります。

Pocket